小児皮フ科(健康保険適応)|シミ・しわ・ニキビ・脱毛でお悩みなら奈良県香芝市の新名クリニック

当日予約&お問合せはこちらへ

メールでのご予約はこちらへ

LINE予約はこちら

TEL/FAX 0745-77-6544
予約専用TEL 0745-77-8544

小児皮フ科(健康保険適応)

乳児(脂漏性)湿疹

赤ちゃんの顔や体に出る赤い湿疹の事をいいます。
皮脂腺の多い頬や額、頭などに赤い湿疹ができ、カサカサ・ジュクジュクする事があり、かゆがります。自然に治ることがほとんどですが、かさぶたが赤く、分厚くなって治るきざしがない場合は受診致しましょう。

とびひ(伝染性膿痂疹)

顔や体に水ぶくれ(水疱)ができて、この水ぶくれの皮が破れて次から次へと飛び火の様に移っていくことから伝染性膿痂疹をとびひと呼んでいます。
すり傷・湿疹・あせも・虫さされからの引っかき傷に黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染しておこります。伝染力が強いので、塗り薬だけでなく、内服薬も必要です。

すぐに医師の診察・治療を受け、早めに治しましょう。

おむつかぶれ

おむつをしている所が炎症を起こして赤くただれたり、赤いブツブツが出たり、ひどくなると皮がむけてジュクジュクしてくる病気です。
尿や便でおしりが汚れ、長時間そのままにしていると発生したアンモニアがおしりを刺激して炎症を引き起こすのです。また、なかなかおむつかぶれが治らない場合は カビの一種のカンジダ菌が原因であることも考えられます。

自己判断せず、まず診察を受け、必要な場合は検査を受けましょう。

水イボ(伝染性軟属腫)

水イボは接触することによって感染します。なるべく早い時期に摘み取るのがベストです。

しかし、小学生の高学年までには水イボウイルスの抗体が出来て自然に治ってしまうので、そのまま何もしないでもよいという意見もあります。
水イボを1コ1コ取るという事は確実な方法ですが、お肌の弱い乾燥肌のお子様(特にアトピー性皮膚炎のある方)で痒みが強いと、ひっかく事でますます水イボを増やしている場合があります。そのような時は、まず塗り薬で肌の状態を整えてから水イボを取るようにしています。

普段からお肌を清潔に保ち、皮フのバリヤー機能を維持する為のスキンケアを心がけましょう。

イボ(尋常性疣贅)

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)がよく見られるイボです。
手足によく見られます。小児で足の裏にウオノメのようなものを見つけた場合、ほとんどがイボです。感染しますのでまず、診断を受け、治療を開始しましょう。

一般的には液体窒素による治療(週1回通院)です。少々痛みを伴う治療です。 小児の方や液体窒素による治療に通いにくい方は、ご相談下さい。当クリニックでは、痛みのない塗り薬で、治療していきます。